2018年04月08日

春仕事

P1040130.jpg


前回のブログが「へぐり」作業だったから、激寒だったはず。
それから、怒濤の出荷までの作業を終えたら3月末になっててバタバタしてるうちに暑いとなってきた。
毎年そうなんだけど、楮を増やすのに移植作業に取りかかるので、焦る。
諸事情あって・・・
一気に増やすには、既に大木になってる群生地を開墾するしか無い。
というわけで、昨年から決めてた工房前の「御神木」と呼んでる楮の大木を何本も伐ってもらった。
中でもこの楮は美しく、なんとも言えん気持ちになったが。。
伐れば根元からわんさか出るのである、10年どころじゃない樹齢だと思うが「若返り」して頂いて
また子を沢山産んでね!と。

P1040133.JPG

ここ数年何度も通ってるのに、つい先日気がついた群生地。
田んぼ辞めた耕作放棄地に何本も。
川に面した崖には「ウラジロ樫」の大木も。
もっと極太になってる別の畑の大木も伐ってもらった。
P1040134.jpg


風通しを悪くしてる、日照を遮ってるという大木を伐ることができたのは
黒潮町に初の自伐林業を目指して移住して来た、いっしーが昨年からメンバーになってくれたからこそ!

1週間くらいかかって伐り出して、太い所は薪に。
山積みとなった枝葉は工房の土地の数倍にも及ぶ地面を占拠。
これを2日掛かりで焼く。
P1040132.JPG

若山楮最初の開墾で学んだ。
伐ったのをそのまんま残したら、後の草刈りが大変で危ないという事。
9年かかってやっと伐った木が朽ちた所もある。
だから大変でも、引きずり出して安全な場所で燃やすのが大事。
放置したら、タダのゴミ。
持ち帰れば、今冬の薪ストーブに使える太いのも有る訳で。
手前の分は今冬のストーブ用にします。(全然足らないと今年は判ったし笑)

伐るより、後の処理の方が何倍も大変。
今日無事に終わって、本当にほっとした。

ところが今年は自宅の引越もあるので、ハレハレの畑にある楮も引越。
となると、今しかないのである。
昨日掘り起こした株を今日工房の斜面に向けて、お引越完了。
でかい石だらけの急斜面。
朝陽当たります。
P1040138.jpg


まだ第二弾あるけど、それは梅雨に。
若山楮と那須楮を棲み分けさせて・・・。
もう私の定番になってる籾殻農法。
P1040137.JPG

斜面だから根っこにも石を詰めました、根がつくまでに転がらない様に。
あとは籾殻てんこ盛りかけて終わり。
山で採取で感じたのは、斜面では楮は石を抱く様にして生えてる。
河原でも、石垣になってる所で大木に育ってるし、瓦を不法投棄された所に大喜びで生えてる(笑)
根付いてくれると思うけど。。。

あとはとある無謀な挿し木をトライします。
これで、なんとか春にやらないといかん作業がほぼ終了。
posted by ハレハレ本舗 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月25日

つらつら

このブログのタイトルは「紙漉つらつら」だったと想い出す。
つらつらの割りには、仕事のことばかりで、全然つらつらじゃないなあ、ここ数年。

ちょっと今日はつらっらってみるか。。。

この頃なんとなく、頭の隅っこに引っかかってること。

どこかで、一人で仕事出来る時間やスペースをそろそろ構築していかないと、全然違うレールに載ってしまう
ということ。
こう見えて、大勢と仕事できる性格じゃない。
自分の世界観とは異なると言っても良いくらい、違う世界にここ数年。
私とその異なる世界を繋げてるのは唯一「楮」
けっして紙じゃない。

同じ雑草を見ても価値観が真逆な世界の中で走り続けてきたことは、実に大きな学びだった。
あ・うんで通用する仲間達とは別世界で(笑)能書きなんか垂れても聞いてもらえない。
あるのは、誠心誠意と結果出し。

ふとこの頃思う。
そろそろ、これはこれで、次へバトンタッチして、自分の世界観掘り下げても良い頃合いかもねと。
大所帯になる、なってしまう私の性格。
だが、そうなればなるほど、一人で仕事することへの渇望が沸いて来る。
基本は人にも時間にも縛られるのが大嫌いだからこそ、大勢の異なる価値観を持つ人とやる時期を与えられるんだな、20代も30代も40代も50代も。
人が好きだからこそ、距離が縮まってしまい、結果突き放すことになるのも同じ。
人との距離の保ち方について、本をめくるも。。性格的に無理だと感じる。
自分じゃない「人」には、なれ無いんである。。

ここんとこ、80代、90代の生の声の文章や映画に偶然行き会う。
うむむ。。
まとまりが無くなって来た。。。
つまり、自分が向いてる方向が確実に「死」へ踏み込んでる世代の方が近くなったと言えるのだ。
「やり残した事」なんかをなんやかや言えるのは、やってないからだし、周囲の期待も凄いと本人以上に尾ひれがつくし、おひれをつける人は自分がやれてないんじゃないかなあって感じる。

30代にこの辺鄙で美しく、物作りにとっては、誘惑も少なくお宝ゴロゴロで、物作りにとって大事な「食べ物」が本物で頑張れば自給もありな場所に流れ着いたということは、もうそれだけで苦しかった都会暮らしから解放されて、殆ど余生である。

自分の中に、あとやってみたいことが、殆ど無い事に薄々気がついてる。
ここ数年継続してる事が、ほぼやりたいことに集約出来てるから。
あとは、規模を小さくして一日の中で循環出来る様になるのが「老人力」だと思うのだが。

一時はどうなるのやら!という事もあった。
それでも、やりたいことを続けられたし、続けさせて頂けた。
自分から開いちゃって収拾がつかないくらい開いちゃってという経験と。
閉じちゃって、一切を拒んでもこじ開けられて生かされてるという感覚を頂いた。
その、どれもに「楮」がぴったりと張り付いてる訳で。。。


確か小学校入学の秋のことだったと思う。
家の近くの空き地にセイタカアワダチソウや蓬が大きくなって自分の背丈より高く枯れ始めた頃。
なにげに、茎を折ると中から真っ白な綿みたいなのが現れて、それをこそげ落として「綺麗だな」と思ったのが私の「物心」だった。
つまり楮から紙になる白皮を取り出すという行為は、この6歳のときに誰からも教わらず、後の自分の人生なんかもわからずだったのに「美しい」と感じた事を鮮明に覚えてることが、今の暮らしでも時々フィードバックするんである。
そうやって考えると瞬きなくらい時間は短い。

この頃は大変だった事、悩んだことなんかほぼ忘却の彼方だ。
似た様な展開がそれでも懲りずに来るみたいだけど、ここまで来たらもう大丈夫かな。
自分の原風景に再びと思うのである。
posted by ハレハレ本舗 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月26日

P1040093.JPG



刈り取りをひと月ずらして、正月明けから始まった若山楮の収穫作業の全工程7工程目が終了。
あと2工程ありますが、かなり安堵したみんな。
数日前から、いきなり暖かくなった。

いやまあ、ほんと今期はきつかった。
積もる事はなかったけど、ずっと雪が舞うという寒いというより痛いが正しい日々での川で洗って干すことほど辛いと思ったのは、初めて。
強盗が被る目出し帽遂に買っちゃいましたもん。

なんで、こんなに若山楮は焦ってへぐるのか?
80代が4人居て、70代も皆田んぼを抱えてるからです。
高知は超早米農家は既に田んぼに水を張り、苗作りが始まってます。
若山楮の地域はそれほど早くはないけど、田んぼの色々が始まる。
此処数日の気温上昇と雨で、皆気が気じゃない。
借りてる農機具倉庫も動き始めてます。

楮を早く終らせて、田畑を始めないといかんのです。
だから、どこもびっくりするくらい若山楮は作業が早く終る(笑)

心地よくのどかに陽射しを浴びて干されてる白皮・・・・。
季節と働く人と、日々のお天道さん相手に怒濤はまだまだ続きます。

一人で悠長にやってた頃が懐かしい。
10人、イベント時には100人以上が動く、働く「生仕事段取り」なんて此処くらいだろうなあ。
ずっと尻に火であります。

posted by ハレハレ本舗 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 楮栽培復活事業

2018年02月13日

寒仕込み

今冬は、かなり寒い。
収穫作業をひと月ずらしたから、一番の冷え込みの中やっています。
さて、蒸し剥ぎイベント直前に、あろうことかダウンした。
前日までの二日程、若手に少し竃の焚き方を教えたものの。。。
早朝から焚くのは10年やってる私でもきついし、難しい。
それを、いきなり全くやったことのない二人に丸投げです。
KIMG5012.jpg


FBで私がダウンしてるのを知って片道二時間の友人も家族総出で駆けつけてくれたらしい。
緑のジャケットの良作君。
KIMG5017.JPG


27043590_1105246446284064_1304562116_n.jpg


無事ツイン甑連動を果たした。
現場の写真をいつも撮ってくれる昨春からのスタッフのいっしー。

KIMG5027.JPG


町長お越し下さりお披露目式典も無事、餅も無事飛びました。

数日の滞在予定が10日間車中泊で私の代わりを果たしてくれたアイカちゃんが帰る日にビオラの演奏まで
披露してくれて皆感激です。
P1040063.jpg

P1040065.jpg

初めて聴いた長太の顔。
P1040075.jpg


積年の甑問題も、吾北の柳野の方から頂いて。

KIMG5100.JPG


1月28日から、いよいよへぐりが始まり・・・。
寒いというより痛い寒さの中、長期休みを取って来てくれてる番頭と川で洗う日々。

P1040082.JPG

雪がちらつく中、干し上がっていきます。
まさに、寒仕込みです。

と・・
さくっと書いたのですが、このひと月の濃さは半端ない。
自分がダウンして皆の有り難さと頼もしさと痛感してます。

若山楮の精鋭達。
この他にも多勢のバックボーンと走り続けてます。
まだまだ終らないよ。
P1040061.JPG

posted by ハレハレ本舗 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 楮栽培復活事業

2018年01月14日

若山楮の蒸し剥ぎ準備

楮の刈り取りが終りました。
例年と違って12月頭に寒波が来て、いつもなら年末にやっと葉を落とす楮が。。
あろうことか半ばには落葉。
暖冬を予想して1月6日からの刈り取りでは積もらずとも、小雪舞う中の北風びゅーびゅー。
P1040026.JPG

冷たい雨が降る日には高知大学協働学部のみんなに、楮を運んでもらえました。
今年もやっぱり、大勢の方々に助けられています。
田中先生の持って来た「太枝伐りハサミ」に元さんが「わし、自分の柚子の事もあるから買う!」言う。
珍しいことでしたが、元さんが刈り取った株は見事でした!
昨年から若山楮はなるべくこういう道具にシフトしてます。
鎌が一番良いのだろうが、鎌を使ったことが無い人も増えてますし、何よりも高齢になってくると
体力が無理になって来る。
さりとて「剪定鋸」はやっぱり嫌だし、不安だし、実際株に影響してる。

スパッと伐れる剪定ハサミの進化は目覚ましいです。
これで、お日様に向けて斜めに切れた今年。ほっとしてます。

さて、メンバーが案配良く揃わない間、ひたすら元さんと2人で準備。
今日は工房を「漉き場」から「蒸し剥ぎ場」にチェンジ。
ついこの間まではこんな感じで、漉いたり体験したり出来てたんですが。
若山楮和紙工房-44.jpg

まるで、春完成したばかりの工房みたいです(笑)
P1040032.jpg

紙漉の道具を寄せるだけ寄せて、埃まみれになるので、ガードして。

今週半ばから、ここで最大10人が蒸し剥ぎからへぐりまでを2月一杯やります。
紙漉は完全にストップします。
紙漉にとって一番漉ける時期にストップ・・・・。
まあ、これも追々考えて行きますが、原料からやってると、本当に頭痛い問題。

紙干場も楮干場にチェンジ。
P1040034.jpg

この10年間、干場は体育会テントを設営してました。
イベントもやってるから・・。
だけど体育会テントって6人居ないと設営も撤去もできない。
これをどうしても辞めたかった私(笑)
脳味噌飛び出す程考えたコレをどう説明しても「テント建てないかんやろ〜」のスタッフに。。
本日設置してみせて、どう?
「おお、これはええ案配じゃな?雨の時は?」まあ次々出ますけど(笑)
そこなんよね・・予算尽きたから考えないとねって誤摩化した。
本当はクルクルと巻き取り式の屋根が出るはずだったのよ(笑)
ま、ええわ。

一番の不安の甑の修繕もクリアーして、釜も洗ってスタンバイしました。
ツイン甑の仕事ぶりはいかに?

2年前設計の段階で、脳味噌空っぽになるか?と思うくらい考えて。
次いで、設計してくれる人、現場で工事してくれる人に、張り付いて説明しまくり。
それでも完璧にはならず、その後の予算ない中で「使える」物にしてきたら1年終ってた。

薄い1枚の紙を仕上げるのに、どんだけの道具が居るのか?
進化してる道具も使えば、ローテクはどうしてもあるし、人が興味を持ってくれて参加してもらうには
どうしたら良いのか?さりとてボランティア頼みでは潰れるし。
例年なら、慣れて来てる作業だから刈り取り含めて1週間で蒸し剥ぎに入れた。
やっぱり想定内。2週間かかってます。
動線が全然変わるので、想像力も必要です。

工房を構えた佐賀橘川の区長さんでもある、元さん。
一緒に10年走って来たけど、彼無しでは若山楮は続かなかったです。
明日から元さんの大好きな(笑)玉切り!
私のお父ちゃん。
張り切って行こうなあ!
posted by ハレハレ本舗 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 楮栽培復活事業

2018年01月07日

若山楮収穫開始。

若山楮の収穫作業始まりました。
昨日は雨のあとで、暖かく霜も降りておらずの、自生地の楮畑から。
ここは10年前はジャングルで、大木になってる楮が生えてた所。
なかなか楮を植えるというとジャングルになってる耕作放棄地でも貸してもらえなかった。
「1度植えたら元に戻せない」というのが理由です。
楮、桑は一度植えたら繁殖が強く、元の田畑に戻せないというのは今の80代から上の人には根強く残ってます
KIMG4878.JPG


さりとて、「元」の田畑に戻す事はもう不可能なんだけど
「土地」に対する想いは強い。
しかも、重機や便利な今の時代と違って、鎌や鍬や牛、馬農耕だったのが記憶に新しい。
そもそも、楮は山の裾野と田畑の境界線の作物。

耕作放棄地になった田畑に植えるという発想がないです。
日当りの良い平地は食べる物を作る場所。
楮はどちらかというと林業が盛んだった時代の物。
桑はちょっと違いますがね。

のどかにのんびりやれた昨日とはうって違った今朝は霜!
KIMG4880.JPG

楮凍ってますねん。

耕作放棄地ジャングルを開墾して移植最初失敗して(笑)の5年目の畑。

今日は8人での刈り取り。
夕方にはあらかた終了。


明日雨予報なので、畑へそのまま置いて来た。
P1040027.JPG


9年目の楮の株に・・・・・
なめこもどきの、きのこ!!

きのこ・・・まずい。

イノシシ、鹿、ふくらすずめの毛虫、ネナシカズラという天敵に翻弄されながらの1年間。

何が良くて何があかんのか?

段々の田んぼの状況にも翻弄されてるし・・・
これで台風なんかゴメンです。


今日、ずっと一緒だったおばちゃんが「七草粥だよ〜」と繁茂してる芹に「おいよ〜芹があるっ」って
嬉しそうに採ってた。
いやもう芹なんか当たり前だし、ノビルも仰山。
ほなら・・・。
「イノシシ入ってるで!!」
水溜まりにのたくった後があるで〜!
1年間鉄柵補強しまくった番頭焦りました。
何処から入ったのか?


結局・・・
近所のおばちゃんが、やっぱり芹採りに来た足跡だった・・・・。
「でかいイノシがのたくった」は、おばちゃんの足跡って判って大笑い。
この楮畑には芹あるって判ってたというのがツボ。
自分の田んぼにも芹だらけ。
楮畑には山菜も共生してる。
意外と無いらしいのね、芹や山菜。
この楮畑にはクレソンあるしワイルドライスも順調に育ってる。


さて、2日目終って明日は雨予報だけど、ハイテンションの親分。
明日、親分の号令待ちとなりました。
若山楮は他に比べるとまだまだ平均年齢若いんだけど。
若いというのは、仕事師なお父ちゃんからみたら、全然甘いのであります。
でも、お父ちゃん、今日かなりしんどそうだった。。。
皆、お父ちゃんの明日の指令待ちとなりました。
これとっても大事なんですね。
皆、疲れてるけど「待つ体制」
リスペクトなんですね。
段取り私はまだまだ甘いわ。

posted by ハレハレ本舗 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 楮栽培復活事業

2018年01月03日

明けましておめでとうございます

P1020831.jpg


元旦から作業してます。
今年程年末年始感ないのも久し振り。

工房の周辺は高速道路の追い込みでダンプの往来が激しい。
この年末年始だけ静かな数日。

日頃通勤で一緒の長太。
この数日は、工房周辺でまったりと過ごせました。
長太が穏やかなれば、私もホッとします。

テンパりっぱなしの昨年からですが・・・
いよいよもっとスタンスを長く見ないといかんな、収穫に追いまくられてるばかりではいかんなと。

そして、やっぱりもっと自分を大事にしたい今年です。

ご飯に付き合ってるうちに、うたた寝しちゃった長太
なんとも、ホノボノです。
マイペースを大事に、今年も始まりました。
posted by ハレハレ本舗 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月31日

今年もありがとうございました

P1040019.jpg


今年もありがとうございました。
10年振りに帰省せずの年末年始です。
今日だけ時間を作り、手に負えなくなってた家を片付けるも。。。
ここ10年間の資料整理がメインで家の中は・・掃除機掛けただけで終ってしまった。

7年間続けた田んぼは来年一旦停止です。
その為に今年は田んぼ本当に頑張りました。

田んぼにならない2畝で真菰を作り始めたのが5年前。
たった5本が1畝くらいに拡がった。
真菰茶が必要な方が居られて、3年前からお茶専用に。
こちらは、必要としてる方が居られるので続けます。

楮、紙漉、お米、真菰。
欲張った10年間を振り返り片付け。
注連縄を買いに行く時間もなく、父のお墓に添える為に取ってあった残りの稲穂と真っ白になった真菰葉と
若山楮の茜染めの紙を、楮の紙縒りで束ねて精麻で〆て、庭の南天にたった1本だけ実が残ってた枝を添え。
精麻以外は全部手前物。
まるでリースみたいですが、これが今年の私の〆です。
この正月飾りには本当に多くの方々の手を頂きました。
ありがとうございました。

机周りも片付けて、来年の暦を。
P1040020.JPG

今年、自分の暦がなかった(笑)失敗したのを直し直し使ってました。
今年も、正式なのは残らなかったです、ありがとう!
サンプルで、流石にコレは売れなかった(笑)
一年間使って又色々考えます。
七十二候のこのスタイルもあと3年!
無地の柿渋紙に背筋伸びます。

作業開始は明日元旦から!
ハレハレ本舗、若山楮、来年もどうぞ宜しくお願い致します。


タグ:大晦日 師走
posted by ハレハレ本舗 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月29日

金はなくても薪大臣!

P1040010.JPG


割った大量の台湾カエデを積んで片付けよう!の本日。
朝行けば・・・
軽トラに満載2台分の「槙」の生木が。。。
嘘〜!
昨夕、私が一人で作業してるの見に来た相棒のお父ちゃんが

「お前紙漉いてないんかい?薪やってるんかい?」って。
今回のイベントではお披露目の式典もあるので。
「片付けないと寝てらんない!草刈りもせんとあかんし」って言ったもんで。
なのに何故仕事増やすアル?(笑)

今日は有り難いことにボランティア独身男3人。
「今日やる事!」と作業内容を共有して、まあ、ほんとに各自頑張りました。
間で、甑が散けるという想定外の事も起こったけど(笑)

積んだ!伐った!河原の草刈りはお父ちゃん一人でやってのけた。
「今回は地元の人も大勢来る。役場の人も来る。綺麗にしとかな、いかん。ああ、ようやってるなと思ってもらわないかん」と父ちゃん。

整理しながら焚き火。
これ一人では絶対出来ない。
生の火の一番は薪ストーブでもなければ、竃でもない。
焚き火。
P1040009.JPG


お父ちゃんが工房下の河原を草刈りして、いっしーに指示して木になってるのを伐る。
それもどんどん焚き火に放り込む。
寒い中、焚き火は常に誰かがキープしてて、怒濤の作業が終る頃。
P1040008.JPG


焚き火はええ案配になっているし、工房周辺のとっ散らかりが片付いてる。

工房の奥のバイパス工事も今日から休み。
長太はフリー。
遠くへ行かず、休憩になるとちゃんと仲間入り。
P1040007.JPG

この写真の後、ずっと父ちゃんの足元に居た。
今日のボスが誰か判ってる。

夕闇に包まれた工房はまだ満月じゃないのに周囲に灯りがないからなのか。。。
月の灯りがことのほか明るい。
焚き火はいよいよ明るく。
長太は割り損なったでかい株の上で座ってる。

焚き火の暖かさ、生の火。
去り難く、皆しばし話し込む。

一日中薪作業。
燃やしたら、アッちゅうま。
この充実感はなんだろう?
焚き火しながらの作業はほんとにええなあ。一人でやる作業じゃないなあ(笑)

ハレハレ本舗&若山楮は雨降るかもな31日だけ休むかも。
元旦からがっつりやりますよ〜。
今日の宿題、野焼きどうすんべ。
「集落の人、行政の人大勢来るから、ここを綺麗にしとかないかん!」の父ちゃん。
コレ凄く大事。
誰かが来るからではなくて自分達が大事に思う場所です。
父ちゃんと10年走って来た。
父ちゃんの父ちゃんが楮や三椏作って来た山の中に入ったんだよね。
posted by ハレハレ本舗 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 楮栽培復活事業

2017年12月23日

楮蒸し甑

P1030982.JPG


並びました、ツインです。
若山楮のここ数年の地元の甑。
小さい方がハレハレで使って来た佐賀から来てた甑。
今日、ハレハレの工房の最期の大物引越でした。

何度も寸法を測って、それに合う釜が春に完成してたのだけど。。
実際被せてみるまではドキドキでした。
ジャスト!!ほっとした。
ハレハレの方は予備というか、剝ぐのに追いつかない時用。
竃も壊れてたし、鹿にやられたハレハレの楮畑の復活は手を尽くせども復活しなかったので
この3年、自分の原料収穫は無しでした。
煤まみれになってたなあ(笑)

60年以上前にはこの地域のどこかの家で働いてた2つの甑が並んで鎮座。
今宵は昔話に花が咲いてるかも。

KIMG4726.JPG


春から何度か試運転してきた竃。
やはり少々難ありで、2本目の煙突を今日立ててもらいました。
限りなくお金がないので、左官屋さんとハレハレのお古です。
78歳左官屋さん、ご苦労様でした。

で、いっしーと番頭で割りに割った「台湾カエデ」の山を今日から薪積み。
色々考えて今回は小さく仕切ってみます。
いつまで続く?新工房がちゃんと稼働する為の作業!
KIMG4732.JPG


本番までひと月切りました。
やること膨大過ぎて目眩するし、胃が口から飛び出しそうです(笑)
10年続けてやっと馴染んだ竃から新品でやるプレッシャー判って欲しい!と誰に言えば良いの〜(笑)
やってみないと判らん事だらけ。
10年前の初日を思い出す。
10年前と違うのは、ひとりじゃないということ。
大勢のみんなに助けられてる。
昨日、工房の入り口に仰山の端材と何故か上等な炭が。。
誰が持って来たのか謎。
だが、端材が必要だと判ってる人。
有り難く使わせてもらいます!

冬至が明けて、空には三日月。
今夜の2つの甑の語らいが気になるなあ。
もしかして隣同士の家だったかもしれない。。。
posted by ハレハレ本舗 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記