2016年04月28日

6年目の田んぼの春

田んぼやり始めて6年目の春です。

懲りない、しぶとい性格だわと認識したのが田んぼです。
みんな忙しくなって出来なくなって行くし
毎年失敗でろくに採れないからモチベーション落ちるし
なのに、失敗続きなのに、諦めない私って・・しぶといとしか言い様がない。

それでも今年は流石に色々判って来て、「収穫する」に目標定めて、できんことは頼む!路線へチェンジ。
畦塗りを機械でしっかりやってもらう、幾ら頑張っても水が底抜けするので機械でたたいてもらう一枚。
苗取りをする頃が楮の第2弾の草刈り時期とバッティングすることがこの6年で判ったので。
苗取りしなくて済む箱苗育苗を初めて!
もう、あちこちに「お願い!」SOS状態で突入してるのであります。

昨夜苗のことで頼んでる長年の友人とこへ。
「失敗を楽しむからこそなんだよな」って教えられた。
そこをして私はしつこいのかもしれない。
野良作業というのは1年に一度だけの作業と結果だから、学校の試験よりスタンス長いし。
上手くできても「本当か?」と納得するまで何年もかかるとも言える。
すぐ白黒つけたがる短気な性格なのに、不思議だよなあ。
植物相手になると、違って来るのだな。
さて、そんなこんなで6年目の田んぼはかなり真面目に基本でやります。
芽出ししてくれていた種籾の乳酸の香りがたまら〜ん。
苗代作って(ええ加減)借りて来た苗箱に貰って来た山土で。
日が落ちる頃やっと藁載せて終了。
P1020878.jpg

泥と乳酸にまみれて「ああ、食べる事やってるんや」と思う。

P1020881.JPG

8畝の3枚の田んぼは全部性格が違ってて、3年前から赤浮草が盛大に繁殖してる一枚。
2畝程の真菰畑は一体一日で何センチ伸びてるのか?
苗代の藁が黄色で、1反のここは今ラスターカラーだよ。
懲りないなあ自分。と改めて思った。
posted by ハレハレ本舗 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 田んぼ

2016年04月26日

薪コンビニ

先日始まった薪作業。
山になってるのを見てるだけでは判らない事が沢山ある。
例えば伐る長さ。
使う薪ストーブは?他の竃とかは?となってくる。
友達が若山楮で使う予定の薪ストーブの社長を知ってたのですぐ電話して長さ確認!はやっ!
45センチ!!決まり!
集まったみんなのストーブもそれで大丈夫か聞いたらOK.
こういう早さが嬉しい。
薪風呂ユーザーは私以外は五右衛門式だから長さは問題ない。
私のは循環式で、長過ぎるが楮のおがらのみで焚くから問題ない。
薪ストーブによっては長いのが入らないものも結構あるらしい。

伐る長さはとても重要です。
今回来れなかった友達の家の薪ストーブとか風呂も私知ってるので、、、45センチでOK出した。
協働するからには、皆が使えないといけないということ凄く大事。

いざ伐り始めたら・・・わざわざ伐って来たの?という短さです。
日頃、うんしょっと軽トラからはみ出す長さのを山や災害のとき出る道端で拾うのより短い!
自分で伐るときなんぞは軽トラはみ出す(笑)
P1020875.JPG

これが今現場に山積みになってる基本の長さです。
ほぼ、2等分か3等分!
今日試しに軽トラに少し積んで来て、家の卓上丸鋸でやってみた。
積むのに20分、伐るのに30分、家の場合伐りながら薪小屋に積めるので。。。
温水器の熱湯で風呂が溜まるまでにこの状態の倍。
P1020876.JPG
この薪小屋満杯2つと同じ量で紙仕事、暖房、春先の風呂が賄えるので。。。

今日と同じ1時間くらいを8回やれば安泰と判った次第。
つまり。。。延べ一日の労働力で一冬です。
現場に来てる状態が既に優秀すぎると判った次第。
コンビニへ行く感じで薪が得られる感じ。
工事現場にしても助かるし、薪生活者にとっては棚からぼたもちではないかと今日やってみて感じた。
工事が終わればなくなるかもしれないが、あるうちは「薪コンビニ」状態。
高速道路はもう要らないけど、要らん言っても建設は止まらない。
ならば山を伐採するのだから、少しでも有効に使おうよ。
3年前、目の前であまりにも素敵すぎる材が「産廃業者」のトラックに積み込まれてて。。。
地元土建屋の現場監督の若い人に訴えた。
「これだけあれば一声かけたら捌ける!ただし、段取りしなくちゃいけないの、待てる?」って。
答えは「待てないです、あなたの分だけ残します」だった。。。

今回それが可能になった。全然詳しく話さなくても「薪が欲しいなあ〜」という呟きで。(笑)
みんな感じてる事は同じだったとうのがヒットしたんだと思う。
それは「勿体ない」なんである。
チェーンソー振り回せる男性の世界・・・・って思われてるけど
そんな大それた機械なくても薪ストーブや薪風呂してる女性一杯いるし。
父ちゃん死んでから20年近くそういう暮らししてる、おばちゃん一杯いるし。
薪コンビニあれば、五右衛門風呂を電気温水器になんかに高いお金かけて改造せんでも死ぬまで、もしくは老人ホームに突っ込まれるまで「ああ、今日もよう働いた!」と薪風呂に入れるやんか。
そういう思いもあったし、山から伐り出すなんてのは自分は無理と流石に思ってて。
災害時に土建屋が道の端っこに積み上げてるのを貰うのが関の山。
誰かが山に捨てた山桜の大木拾うのが関の山。ってこの頃思ってて。。。
やっぱ、そういうことできる旦那でもいないと無理なんか?と悔しかった。
つまり、切実だったのかもしれない薪事情。
それが引き寄せたのが若山楮だった。。。
「展開する」ということはこういうことなんだろうと思う。
切実な順番に引き寄せるのだな。。。
次は家だ!もう家問題しか残ってない。
45センチと決まった薪の長さなんで、五右衛門しかないのであるよ。
そうやって全ては決まって行く。。。ああ。。見事。
で、5年前に若山楮の自生地伐採の為に買ったチェーンソー。
出番がなかった。。。
みんな自前を持ってたから、私も。
今回自前持ってない人も、使った事が無い人もいる。
なので田辺農機のおんちゃんにメンテしてもらった。
P1020877.JPG

生き返ったよ。おんちゃんが「これええで!」って。
なんでこれが使えこなせない人ばかりの所にあるんだろうねえ、やっと出番だす。
そのうち、チャンスあれば女子でも使える機械も導入考えるよ。
コミュニティーに一台あれば何家族もが笑って薪生活!
余剰があれば還元しよう。

しかし。。。。
どんどん本業から外れて行くかな私。
なんとか生きてるうちに本業を全うしたいと思ってるよ。紙漉ですから。
その前フリが結構長いなあ。

posted by ハレハレ本舗 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月24日

薪作業スタート

あいにくのお天気の中、今回参加してくれるみんなが集まりました。
またも集合写真なか〜。。。
P1020862.JPG

ワイドで写せないので、、現場はこの5倍あります。

今日は現場見てもらって、作業の流れを段どって貰い、チェーンソー初めての青年にプロの先生が教えます。
P1020866_2.JPG

P1020861.jpg

P1020867_2.JPG

先生オレンジですね〜相変わらず!
積む所もさすが男性陣、サクッと決まって積み始めてます。
流石だわ〜。

私はオイルを間違えて持って行って。。久し振りでとんちんかん。
ドリル式の目立ても買ってやる気だけはありますが。。。。
どっちから研ぐのかも忘れてる有様。。。
ああ、錆び付いてるわ。

P1020865.JPG


このタイヤ方式の薪割りをやってみたかったので、、、
この写真だと、割れてないやん、大丈夫か私。。。
この後ばっちりでした。ガンガン割れそうだよ〜。中腰ならんで済むよ〜。
割ったのが飛び散らないで6当分とか続けてできる!
これなんでもっと早くやらんかたのでしょうねえ!

大月町の幡多自然エネルギーの平井さんも駆けつけてくれて、ガンガン切って下さいました。
懸念の薪割り機についてもアドバイス貰い、私の頭の中がやっとクリアーに。
できる人達って違うなあ。

なんせ大量なので参加する人は薪ユーザーなんでお駄賃は薪!で来てもらいます。
地元の方にも見に来て欲しいから、そのうちBBQなんかをやりながらっていうのも考えてます。
とにかく終わるまでやりますよ〜。
基本自分は楮作業もまだまだあるので、飽きたらこっちに居ます。
ちっちゃいけどテントも常設。屋根のある場所。
「居場所」が出来た感じで嬉しい。
車が寝泊まり出来るタイプなら作業中は連泊充分できますなあ。暑くなれば横の川あるし。
この際テント買うかな。。。。
往復するガソリン台一ヶ月分で買えちゃいますね。

大量の薪の山に茫然自失状態から
若いみんなが来てくれただけで、ほっとした。
有り難いです。
posted by ハレハレ本舗 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月21日

芽吹き

P1020857.JPG


何年やってても芽が出るまでは「出るんだろうか?」と毎年胃が痛い。慣れません、絶対に。
そして今年3年ぶりの移植でしたので、プレッシャーは半端ない。
優秀だった5畝程の株を移植したので収穫量に即影響します。
「3年後に株立ち」なんて猶予がない若山楮。
出なかったら、それこそ山狩り覚悟な今年。

春の芽が出る前の草刈りに入って1週間。
古株はここ3日くらいで出始めてます。
問題は移植した株。
作業に関わってくれたみんなが。。。。
「掘るのはユンボ、剪定したりと大変なのに、植えるのこんなええ加減で出るの?」って。
そのええ加減さは半端無く・・・・。
まあ、そう思うよなあと私も。
根拠はあります。
若山楮のおかげで(結果出さないとあかんから)ありとあらゆることを全部やってきてます。
一方で自然農の仲間たちにも楮じゃないけどヒント貰って来たし
日本民研の昭和初期の頃の沢山ある映像の中に「これだ!」というのがありまして。
全然楮じゃない(笑)
東北のどこかの地野菜のことでしたが、それは山の植林と関係が深く、その植林のやり方に起死回生のヒント。
これについては、またいつか書きます。
自信はあったけど
「こんなええ加減なでつくのかよ?芽が出るのかよ?」と言われると返事に窮してしまってた。

それが今日出ましたよ。
昨日は出てなかったので、産まれて半日の楮の赤ちゃんです。
母体はずっとずっと国道の下で生きながらえて来たおっかさん。
このおっかさん、3月も終わりにユンボでいきなり掘られた。
でも作業してくれた人達が「生きてくれよ」と大事に大事にしてくださった。

畑に移植したスタッフのおばちゃんが「こんなええ加減なんで出るかよ?」と心配してたので
今日会議でかなりシビアだった最後に「芽出たで!」と言うと・・・・
「出たかあああ!出たかあああ!」って。
会議での行き場のない空気感で胃痙攣が治った(笑)単純至極。

長年やってますが、今年程ハラハラした年はないです。
出ました。大丈夫です、ええ加減で良いのです。

でもそのええ加減にはハラハラドキドキがくっついてきます。
それを回避するために皆色々と頑張るのだと思います。
そこを考え過ぎたり真逆の楽を求めると変になるんじゃなかろうか?
地面や周囲の姿を良く見てなるべく変えずにやることには常にハラハラドキドキです。
毎年そうやって「あ!出た!」という感動はとても大事で、うまく行かない時はこちらに問題がある。
ただそれだけの事なんだけど折り合いつくまでに20年かかってるやん私。
こうした方がええよ、肥料使わないとできんよ、除草剤なくては無理よ、子供いるんだからお金必要よ。
一杯一杯刷り込まれてます。
育ててるんじゃない。自分が育てられてる。
失敗したならば原因は全部自分にあります。
作物にも土にも問題はないのです。

なんちゃって偉そうな事言いますが、、、
人間も生き物ですからね。。。。
私の場合呑みすぎた〜とかで大事なタイミング外す事も多々で、それが収穫に影響しちゃい時もあるわけです。

とにかく。
今年の楮の芽吹きには教えが仰山濃縮です。
posted by ハレハレ本舗 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 楮栽培復活事業

2016年04月11日

若山楮始動

P1020840.JPG


例年より早めですが、草刈り始めました。
昨年、悠長にしてたら、カラスノエンドウが凄い事になってて何処に楮があるのか判らなくなって大変だったので
今年はとにかく覆われる前に!!
刈草が山になってる所に楮が居ます。
今まで色んな草刈り刃を試して来たけど、良いの見つけた。
刈りながら、寄せたい所へ寄せられる。
刈草が唯一の「肥料」なので、まき散らすなんて勿体ないこと至極。
だけど広い〜広い〜畑で集め回るのは大変。
刈りながら楮の株元にどっちゃり入れるやり方です。

今日の感じでは、まだ芽吹きはしておらず、このタイミングでやっておけば後がとても楽。
耕作放棄地でジャングル化してた畑には、一枚だけ手入れされてた所があって
シバザクラが植えられてすぐでした。
かなり広がって草を押さえて、見事な花盛り。
石垣の保護にもなってる。
鉄柵の周囲にも植えたいなあと思うけど、また苦情が出てもいかんので辞めておきます(笑)
そのうちやるからっ!
グランドカバーにはもってこいの花ですなあ。

さて畑の中に黄色い花。
西洋タンポポかもしれないけど、昨年まではオール白花でした。
日本の在来種は今は殆ど見ないと思う。
明日、図鑑を持って行って観察しますが、日当りの良い所が黄色。
湿り気の多い所が白と棲み分けしてるようです。
何気に黄色は残しておきました。
今年いきなり生えてました・・・・。
P1020839.jpg

黄色いタンポポがあるところは、カラスノエンドウが少ない、スイバも少ない。
雑草だ!となんでもかんでも刈るのではなく、そこに住まう草のチカラもお借りする。
開墾当時はここはイタドリの天国でしたが、今は1本もないです。
環境が変わったんだね。

3年前に植えたコンニャクも今年は秋に収穫。
生姜や荏胡麻もトライしたけど失敗。
今年は合歓の花が咲く頃に大豆を蒔いてみようと思ってます。
友達は麦もいけるのではないか?と。

兎も入れないしっかりした鉄柵を張ってるので、楮だけでなく、食べられるものもやりたいと皆思う。
いわゆるコンパニオンプランツ。
根菜は楮の根っこが表土に近い所を編み目に網羅してるので収穫の「掘る」というのが難しい。
コンニャクどうやって掘ってるんだ??

なので半日陰でも育つ「引き抜ける」もの。
昔見学した畑では小豆をやってました。
豆類ですね、これなら私でもできそう。
問題は収穫後・・・だけど。まずはやってみよう。
収穫後が大変だよって一杯聞かされてるけど、まずは収穫することです。
posted by ハレハレ本舗 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 楮栽培復活事業

2016年04月06日

相棒

田んぼ週間4日目。
朝の通い慣れた山道を罠などがない所から田んぼまでを走る長太。
P1020828.jpg


車も殆ど通らない。
たまに80過ぎたおんちゃんが田んぼへバイクで通る。
達者である、カーブなどで出くわしても、さっと避けるのである。

今朝は着いたら、少々目眩がして、しばらく地面で横になってるうちに眠ってしまった。
生来どこでも寝れる人。
アースチャージだ(笑)

長太は昨年から田畑では車から降りようとしない。
ブヨにたかられるから。。。黒いので集中攻撃される。
私が地面に寝始めた時も助手席で寝てた長太。
20分程して目が覚めると、私のお腹にお尻をくっつけるようにして張り付いてた。
勿論、飛んで来るアブを追い払いながら。。。
びっくり。
心配してくれたのか〜とハグしたら、さっさと車に。
クールな奴よのう。。。。
それでも心配なのか、半日ずっと傍らで遊んでた。昨日は呼んでも来なかったのである。

遅い昼ご飯。
一応おねだりポーズだが、貰えなくても卓袱台の相席をするのが勤めと思ってるらしい。
いつまなら、きりっと背筋正して座るのだが。。
今日は疲れたと見えて。。。
P1020831.jpg

顎乗せで、そのまんま寝てしまった。
耳が横一文字の時はリラックスしてるのである。
友達が「皇帝ペンギン」と言ったけどなるほど。
P1020832.JPG


今、お昼寝待ちしてる長太。
ちらちらと私と毛布を交互に見てる。
一緒に寝るのが何よりも好き。
ひっついてれば安心なんだろうかねえ?

山間でひとり作業することが多い私。
何かあったら、長太助けてくれるのかなあ・・・などと少し心強く思ったのであるよ。
親バカと言われてもええ、カテゴリーに「長太」を加えました。


posted by ハレハレ本舗 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 長太