2015年01月03日

仕事始め

寒中お見舞い申し上げます。
今年は父が旅立ちまして喪中となっております。
年末までに暦のご注文も沢山、なんとか年内発送を終えました。ありがとうございました。
自分のは未だ年末の資料やなんやが刺さったままの壁です、美しくないなあ。。
P1020223.jpg


さて、年末の蒸しはぎから黒皮の計量までを終えて、その間にできなかった諸々を片付けて
今年も大量に出た楮のおがらを風呂の焚き付け用に半分まで伐って積んでと。。
今年は正月帰省はせずなので、このまんま走れる!とあれもやりたい、これもやりたいとなってます。
自ら原料も栽培となると紙漉に適した冬場を原料確保に半分持って行かれる。
そこへもってして、東京へ正月帰省してしまうと時間も去ることながらモチベーションキープが大変(笑)
子供達の卒業証書も1月末。
父の命日が2月9日で、ほんとに見事です。
全部全部終らせて今年の楮を見てもらいに行くのが例年2月頭。
父ちゃん、まるで企んだみたいです、ありがとう。

さて友人達に塵取りを手伝ってもらい、黒潮町特産のさとうきびの青葉が例年より早く頂けて。。。
薪ストーブでの草木染料煮出しも始まりと。。
蒸し剥ぎが終ったので一気に紙漉へ突入の準備が終ったのは。。31日(笑)
明けて元旦は・・・雪・・・・。
寒い。。いや痛い・・・効き過ぎてるくらいの冷凍庫生保存の黄蜀葵。
この冷凍保存のことも記事にあってびっくりです。

実は自分の楮は5年前に鹿の被害で壊滅してて、ちゃんとストックできないままであります。
若山楮は地域起こしで沢山の方々や行政のお力添えで助成金も頂いてる故に結果を出さないといかんし
責任がずっと二の肩に乗ってるので自分の事は後回ししてきました。
なもんで。。。楮がない。
すれば・・・あちこちから楮がやってくる。。。
自分の暮らす半径20キロ以内の幡多の楮しか知らなかったので、楮の事学びなさいということなんだろうか?
それでも土佐の楮から出なかったんですが、昨秋友人が那須楮をこじゃんとくれました。
これが噂の最高と言われる那須楮だ!
この友人が持って来た苗からも畑に2本の那須楮。
土佐の楮とは全く違う姿であります。どんなだろう?ドキドキでした。
が・・・・泣いた・・・泣いたであります。塵取りでもんどりうちました(笑)

そして元旦に舟をやっと作って漉き始めて。。。
また泣きました。。。2日目に諦めて作り直し。
本日やっと漉ける状態に。
頑張って銅媒染しましたが、やっぱり緑にはならず(笑)
P1020220.JPG

那須楮は楮というより雁皮みたいでネリ加減間違えたんですね。。。
やり直して始めれば、結束も出ず、最高と言われる所以が判ります。
漉き易い。

だけどやっぱり幡多の楮に慣れている自分であります。
いろんな楮を漉かせてもらったここ数年。
今春から一反ですが、自分の畑を若山に得る事が決まってます。やはり使い慣れた楮でやりたい。
そんなことを色々と考えさせられながらの正月紙漉き。
休憩中にネットで見つけた記事。

6年前にお世話になった尾崎さんの記事。
いえいえ。。。15年前に自分の畑を得た時に若山にあった組合の畑を世話してた尾崎さんご夫婦に
畑の世話の仕方を習っています。
その畑もイノシシの被害でどうにもならず、7年前に辞めた翌年に若山楮が立ち上がったのです。
イノシシどころか鹿まで始まって。。
その後も必死でろくにご挨拶へも行けずじまいです。

今年からこの若山楮の集落にある廃倉庫へ移る準備が始まります。
何をどうあがいても道はここへ、しっかりと繋がっていたんですね。。。
しっかりしなさいよ、あなた!と言われてる様な記事です。
長いので自分も何日かかけて読もうと思ってます。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090527/170817/?rt=nocnt

この記事に出て来る文故お母さん。
真夏の暑い炎天下で若山楮の草刈りしてたら言いました。
「なんちゃ〜こんな大変な事、だれっちゃーやらんよね。だけど続けてたら、なんかええ事あるかもね」
汗を拭きながらの笑顔は一生忘れないです。
この記事にはお母さんの言葉がそのまんまで伝わって来て、そうなんよ〜そうなんよ〜と頷いてる自分が居ます
当初5年は石にかじりついてもの覚悟の若山楮6年目。
立ち上がってからは7年目。
首までどっぷり浸かっていたものの、身体は大方エリアに居たまんま。
ついに頭まで全身若山へ引きずり込まれることになりました。
楮の精霊達に呼ばれたのは・・・実は15年前に始まっていたんですね。
随分と寄り道食ってしまったもんです。

ということで今年もジタバタしてますが応援よろしくです。
和紙は・・・なくならないよ!!



posted by ハレハレ本舗 at 20:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
もう一つの記事が抜けてました。
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO81008590X11C14A2000000/
です。
Posted by みー at 2015年01月03日 23:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/109918691
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック