2016年03月07日

高知城花回廊

高知城の夜桜イベント「花回廊」8年目
http://www.welcome-kochi.jp/hanakairou.html

このイベントを始めるにあたって、RKCさんからどこかのイベントでハレハレの行灯を見た事から
オーファーを頂きました。
あれから8年です。
毎年、少しづつ改良の提案、新しい形の提案、そしてお客様が歩く足元の行灯の追加。
定番となってる行灯は300体になりました。
これに加えて、新しい形が100体近く。

このイベントは夜桜を楽しみ、高知の華道家さん達が見事な生け花を展示して
日本舞踊やお琴など、日本の古典芸能を楽しみ、高知城での夜の桜を愛でるというかなりスケールの大きなイベントです。
どうしても暗くなりがちな足元を照らす和紙行灯のお役目頂いております。
会場でウロウロすると、お客さんが行灯にカメラを向けてる姿があちこちに。
背後霊のように後ろで「それ、うちが作ったの!」と心の中で(笑)

8年目。
思えば長かった様な短かった様な。。。
今年、まずシェードが全部リニューアルになります。
宣伝してもらえない、取材もない(笑)から、ここで。。。
今年からの紙は全部!全部!黒潮町産!!
屋外、夜露、ハードな扱いということで、ここ数年試して来た「さとうきび」を採用してます。
そしてずっとこれまた関わってる「若山楮」を使っています。

本体の竹の部分は数年前にリニューアルしてあって、こちらは西土佐の竹細工の西岡氏の手になっています。
台座もほぼリニューアルですが、来年に全部変わるかな。
毎年、使い勝手などのご意見を頂き、その都度改良してきました。
今思うと8年前の仕事は素人やった(笑)
その道の職人さんと知恵搾って改良して来ました。
彼らの仕事ぶりは、早くて正確!
今回紙の部分の私もかなりタイトな作業日程なれど「プロ」だもん、一ヶ月前には納品を目標に。
照明パーツも変わって行きます。
見た目は同じに見えても中身はこの8年でとても進化した行灯。
イベントが続いてくれてるからこそであります。
此処数日、いきなり小春日和。
4月1日からの花回廊まで桜持ってくれること願います。

私も8年ぶりに、ゆっくりと会場を回りたいと思います。

どうぞ、花回廊でハレハレの仕事見て下さいね。
タグ: 夜桜
posted by ハレハレ本舗 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174374185
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック