2016年12月07日

創る和紙職人のハタノワタル氏いきなり現れる。

P1030221.JPG


立ち上がったばかりでロクな代物になってなかったくせに値段だけは高かった若山楮を買って下さった最初の紙漉さんです(笑)
その後、若山楮も頑張って頑張って、これなら胸張って出せるとなった昨年。
「あるだけ欲しいです」と。
「いやその、、多分日本一高いし。。」とか言うと大丈夫!の即答。
しかも「漉き続ける限り買い取ります」という返事に、私は心底腰抜かした。
個人である紙漉さんがそこまで言うことは、これもう実は凄い事。
春に原料商さんが来て買い叩くは、なんやと持ちかけて来たので、「いやもう余剰は全く無いのです」と答えると
顔面蒼白になったことは忘れない(笑)
今年の収穫作業には、どっかで行きますということだったんで・・・。
「ワタルクン何時来るの?」の問い合わせ多し。
写真のとおりイケメンだし、気さくで話が淀みなくてスッキリしてはるから、彼のファンは日本中に居る。
勿論、紙の仕事ぶりも素晴らしく、今まさに油の乗った仕事を展開してる。

昨夜、そろそろ週末イベントに向けて買い出しもせんとお〜と走り回ってたらメールがわんさか。
見ればワタルクン。
今淡路島、今徳島。
こっちへ向かってる・・・・。
いきなり・・来たあ!
多忙な中で一瞬の隙間ついてこんな高知の最果てまで走って来るという、しかもお得意さんなのに。
なんの準備もできず、挙げ句の果てには作業でこきつかって。。
で、来春にはお買い上げという・・・。
コアなスタッフのみの本日、みんな判ってるんかいな?この人が買うのだよ?って思ったです(笑)
なんか、みんなは私の友人達のボランティアくらいにしか多分思ってない。
あ、いや・・まずいよ。。。
だけど、爽やかに動くワタルくん見てると事更そんなこと言うのもなんだかなあって。
この現場に入ってくれての心意気に、感謝。

それでなんか予感あるんだけど・・・。
数年前、独り侘しく早朝に竃に張り付いてたら「いやまあ、ほんまに国道脇でやってるんかいっ!」と
おっさんが現れた。
徳島の紙漉さんの中村功氏がつったってる(笑)
結局2日間来てくれて、おばちゃん達とどっぷり作業して、その時に発案したことで漉いた紙も送って下さった。
おばちゃんたちが「あのおっさんはどっから来たが?」と本人前にして言う・・・。
あちゃ〜それは・・それは辞めてくれ〜と思うも、盛り上がってしまってる。
なんかなあ・・・土曜日の早朝に来る気がする。。。

そういう「現場」今年も始まりました。
これから蒸すぞ!の記念写真、8年目にして初めて撮影。
P1030222.JPG

原料の作り手と使う紙漉さんとの記念写真です。
やっとここまで来たんだなの感慨深し。
明日からボチボチ蒸します。
11日のイベントには行けないなあというそこのあなた!
明日からやれまっす。
posted by ハレハレ本舗 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 楮栽培復活事業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177960773
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック