2011年10月23日

稲刈り

稲刈り3日目。
間に凄い雨と風と雷が2日。
せっかくかけた稲木が倒れたりとか、受け継いだ竹が劣化してたりとか、鍛えられてます。

今日は檮原という所で、これまたシングルマザーで頑張るべっぴんさんが手伝いに。
彼女も今年から米作り始めた。
相棒もシングルマザーらしい(笑)

女達の田んぼ、拡がってる?あはは。

昨年は沢山の人、遠方の友人達にも来て貰い1日で終わらせた。
今年はメインの3人で、既に来年を視野に入れて、田植えや草取りに馳せ参じてくれる近隣の友達にも意見聞きながらまったりとやってる。

今年は雨が多くてどんどこ水が入っており
猪もどんどこ入っており
自然農(耕さず、無肥料、1本植え)なので笑ってしまうくらい分蘖してなくて草の方が多くて。
それでも、どこどこは病気で全滅とか、猪に壊滅とかいう話しが聞こえてくると、採れてるだけでも感謝しきりである。


「こんな状況でも楽しげな笑い声がしてる田んぼってうちらくらいだろうな」と。
パートナーとかと畑とかやると、女性って「手伝い」みたいになることが多い。
実際、私も畑で相棒と喧嘩になったもんだ。

男性が居たらそりゃ楽である。だけど、自分の考えとかを「あかん」と否定されて、やっぱり収量が少なかったりするとコテンパンに叩かれるのって、ストレスやんと思う。

そして、女でもこういう事好きでやりたい人は結構いるのだ。

私は力ない、頭ないけど、薪の暮らしが好きでなんとか続けてる。
勿論、男友達に随分と助けられている、多謝!!
薪で風呂沸かすの大好き、たき火大好き。
しかし、カップルになると、この美味しい部分は殆ど男に持って行かれて、私はおさんどんしなさいみたいになってしまう。


ある時、面白い夫婦が来た。
田舎暮らししてるのに、彼女はキンキンの金髪、彼もド派手。
聞けば、彼女は大工さんなのであった!
旦那は「いやーもうかっこええで、大工してるときの嫁はん」って。


そんなことを今日何故か思い出した、ずっと忘れていたのに。

「もう、今日は終わりにしよう」となった頃から一人が藁で縄を編みだした。
こうやったんか・・こうかな?とか言いながら。
そしてつられて、みんな縄編みながら、夢中になってる。「ほら。長くなった!」「上手やねえ!」とか。
こういう緩いというかなんつうか・・これは女特有やなとしみじみした。
旦那と組んでたりしてたらこういう場合「先に帰って飯の支度しろ」となるからね(笑)
心ゆくまで味わえるのも女だけでやってるからなんだろうって。
子供達は「もう帰ろう」と言うのに母さん達は何故か縄編みを始めて、やっとこさ山を越える帰途へ。
どんどこ走って里へ降りてくると、刈り取りの終わった田んぼを3匹のうり坊がまっしぐらに駆け抜けるのを目撃。


そして4台の車は連なってコンビニへ入って
子供達はアイス、女達はビールを買い込んで「お疲れ〜」なのである。
暑い日だったんだなと、めいめいの手の中にある「エビス」見て笑った。

posted by ハレハレ本舗 at 19:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 田んぼ
この記事へのコメント
今日も読ませていただいて…ホウ (嬉しい吐息)。
自分の名前、なんだか好きになったのが数年前で、仕事で子供達と付き合う時には、くみこさんと呼んでもらっています。3歳とかに、くみこさんと呼ばれるとうれしか〜! です(笑)
よっく考えると彼らの祖母さん年齢なので赤面ですが、面の皮もちょうどいい厚さですもんね。

男女共同参画の走りの頃、参加者不足で動員された研修会で、職場で男もお茶淹れてしかるべきという話をされた時に「それでもその場に居たら、おいしいお茶を淹れて差し上げたいと思うし、男女とも元々の骨格や体に備わった特徴を認め合い共に理解すればいいと思う」みたいな発言し、中央から来た推進室の偉い方を怒らせたことがあります。要は心、ハートでしょ?
ヘタクソだけど鋸も鑿も使ってみたいから挑戦するし、草刈機も振り回して、薪用にチェンソーも使うし…この間使い方悪くてちょっと手を切りました。あはは

連れ合いと一緒に作業すると、そうなの! 下手だの遅いだの、おまえはあれをしろだのって。

楽しみたいし、こだわりたいとこは結果がどうであれ、とことん試したい。作業中に面白い虫なんかでたら観察に熱中するし……解ってもらえない部分。
あてにしてストレスになるなら効率悪くってもいいかなぁって思います。

あ、東京での作品展は首を長〜くして待っています。


Posted by 栗坊 at 2011年10月24日 14:34
あら〜栗坊さんもくみこさんなんですか〜。
私は訳あって、こっちへ来たら10歳の友人の子に「今日からあなたはみーちゃんです。くみちゃんはお母さんだけで良い。どっちのくみちゃんか判りにくいから」という無茶苦茶な理由で、18年「みーちゃん」です(笑)

ちょっと切った?!って?大丈夫ですか?

チェーンソーや草刈り機で大けがする男衆が多いのですよね。
聞くと「あとちょっとやったれ!」で怪我してる。
女性は元々力が無いから、すぐ休む。ので、意外と怪我する人少ないです。
ただ、私はガンガンやるらしいので「休め!!」って怒られます・・・。

元々が個人プレイヤーなので、しきられたり命令されるの大嫌いです。協調性が無い。
しかし、女性って元来仕切りたがる性格ですよね〜
全員がしきり魔が潜在してると・・・・。
かえって上手く進む・・・かな?少なくとも一緒にやってるメンバーは非常にやりやすいです。
口だけのしきり魔なおばさんは嫌ですが(笑)

私は機械のこと、道具のことではもうとにかく一言ありのパートナーとか友人に鍛えられました。
「俺がやっとく」と言っても居ないときにやっちゃうので
呆れて「なら教える」と。
そういえば・・・友人とこの嫁さんは「旦那の前では丸鋸なんか触りもしないけど・・」と旦那が数週間出かけてた時に「キッチン」作っちゃった。
「内緒よ?これ、居候の青年が作ったことにしてるから。ばれたら離婚ものだよ〜。でも楽しかったわ」と。
シンクとか棚とか凄いのですよ。勿論、丸鋸、他の電動工具駆使してる(笑)

が・・・私は最近めっぽう体力落ちてきたので・・・
青年連中を呼び出すことに目覚めてきました、わはは。

東京展、じっくり練ります。首が伸びきらないうちに〜
Posted by みー at 2011年10月24日 19:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49227437
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック