2017年08月17日

草の香り

P1030701.JPG


始まりました。
真菰の収穫。

自分が飲みたくて、作り始めた真菰茶。
最初5本だった真菰は2畝程の湿地を半分以上覆う様になりました。
先に生えてた盆花との同居で、今頃は盆花の濃いピンクと真菰の緑が綺麗です。

刈り取り後、選別して分蘖してる葉っぱを外して屋内の風通しの良い所で乾燥です。
全くの自己流であります。

我が家の一番風通しが良いのは2階の寝室。
今夜から極上の香りに包まれて眠ります。
毎年、これがやりたくてやってるとも言えるなあ。
草の香り、真菰香り。
この上なく、役得!!
まるで青畳のような爽やかさです。

真菰は場を浄化する働きや、結界を作るとも言われてる様です。
相も変わらず混沌とした、おつむを寝てる間に浄化してくれるかも。


タグ:真菰茶
posted by ハレハレ本舗 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月30日

盛夏の楮

P1030669.JPG


暑中お見舞い申し上げます。
いやまあ、ほんとに心からそう思う暑さ。
湿度も半端ない今夏は「天然サウナ」に無料で毎日入ってる感じです。
御陰さまで大量の汗をかいて、調子は良い方だと思います。
工房の水槽に木樽。
もふきさんがお元気な昨年に頂きました。
こうしておけば、漏る事もないし、作業後この中に頭突っ込めます!

さて、楮畑3回目の草刈りが始まります。
2回目6月から7月にかけては、ほぼ番頭が一人でこなしましたよ!偉い!!
真夏は、草刈りというより鉄柵の点検(台風シーズン到来)
根無葛がでてないか?とか、そういう事だけでもやらないとと、、

P1030668.jpg


鉄柵が2bなので、軒並み2bは楽勝に越えてますから、3b近いのもあります。
蒸れに寄る葉っぱの黄変もなく、実に綺麗です。

日中の炎天下作業は、そろそろ危険であります。
今日も春先ならあっちゅうまな面積に四苦八苦、バテバテで退散です。
つばの広い麦わら帽子は被れない時期到来。
ハンドル付き草刈り機も限界。
楮が大きくなり、潜り込んでの草刈りになっていきます。
春先には、まだまだ植える余地あるなあと思っても夏になると、これ以上植えたら草刈りできんわとなる。
この下の写真の急斜面だけは、ずっと手鎌草刈りですが。。
4反以上も、這いつくばる根性はありません。
ああ、ロボット掃除機みたいな草刈り機でないかなあ!

草刈りの動きも振るのはダメになってくる。
抜き差し動作です。
今日も朦朧として来て太い楮を3本ほど刈り飛ばしてしまった。
これ心臓にも悪い。
退散です。
P1030667.JPG
posted by ハレハレ本舗 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月11日

新品

P1030645.JPG


やっと山水安定。
すれば遅くなったな、ごめんよと土佐市の道具のおんちゃんからFAX。

紙漉したくて高知へ来たものの。。。
あまりの金無しの私は、おんちゃんの御陰でずっと中古をリペアしてもらってた。

25年目にして「新品」の桁と簀。
このあと、桁には柿渋を自分で納得するまで重ね塗り。
簀も1度水に漬けてから最後の絞め。

幾つまで仕事できるかなんて判らない。
それでも、まっさらな道具が来た事で、想うことがこんなにあるなんて少々驚いてる。

「ちゃんと」・・・・
食べる、身体使う、呑みすぎるな、喧嘩するな、もう仰山です。
タグ:道具
posted by ハレハレ本舗 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月14日

普段

P1030594.jpg


朝一で、まずはお掃除。
広いからやりがいあるなあ。
窓も多くて毎日1枚づつって最近はやってる。
7枚あるので、1週間で一巡り。

そして花を生け変える。
今、山は白い花が沢山。
そろそろ、オレンジ色が色々と咲き出す。
ノカンゾウ、オニユリ、モントブレチア・・・。
花に目が行く余裕がやっと戻って来た。
この花は山じゃなくて庭に咲くノウゼンカズラ。

P1030595.jpg


掃除が終われば、長太は寝そべる。
コンクリートの床は冷たく、この頃はまだ肌寒い。
プチプチシートにシュラフに自分の座布団。
落ち着くみたいで、塵取りしてるとずっと寝てる。

P1030593.JPG

さてお昼。
この間買った、竹細工さんの深めの籠は2段重ねのタイの弁当箱にばっちり。
枇杷をあちこちから貰う。
デザートもばっちり。
勿論長太のおやつも。

P1030592.JPG

若山楮の仲間達の写真があるから、独りでここで仕事してても賑やか。

P1030591.jpg


曇りで暗い夕方はちょっとだけ灯りをつけてみる。
一通り見渡して、ドアを閉める。
長太は伸びをして、散歩の時間だよ!と枝加えて待ってる。

普通というか。。。
普段というか。。。

どうぞ、この静かで穏やかな日々が続きます様に。
posted by ハレハレ本舗 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月11日

苧麻

P1030584.jpg


繊維と聞いて今時の人は「食物繊維」をまず思い浮かべるんじゃないかな?と思う。
コンビニやスーパーでも「繊維たっぷり!」なもんが溢れてるからねえ。

さて、苧麻です。
別名からむし、ここらでは「ウラジロ」「ハド」など俗称が実に多い。
「ウラジロ」は見た目そのままで、葉っぱの裏側が白いから。
「ハド」は8回刈ってもまだ出て来るから。
そしてジツは楮の天敵でもあります。
苧麻が悪いのではなく、この葉っぱを食べて成長する「フクラスズメ」の毛虫が苧麻が足りないと楮の葉っぱへ移動して葉っぱを食べ尽して楮の生長を止めるからです。
楮と苧麻はセットというくらい同じ場所に居ますので、ある意味目の敵になってしまう。
紙漉でも楮農家でもない人は、楮ですら親の敵みたいに伐るけんど(笑)

できればこの苧麻を刈り飛ばした後、糸にできんかなあって毎年想うけど手が足りない。

高知へ来る前、西表の機織りさんの所でお世話になった時。
台風が来て船が出ず、やることなくて呑んだくれてると。。。近所の人が次々と苧麻の皮を持って来る。
「来たら最後全部処理するねんよ!」とその日から夜なべで外皮を・・・まさに「へぐる」作業が続きました。
その後の糸にする工程は見てなくて。。。

まさか自分がその後楮の「へぐり」に明け暮れるとは夢にも思わなかった。
今日裏の苧麻を刈り取って剥いでみました。
感じとしては今頃がリミットかなあ。
たった数本やっただけで指先真っ黒であります。灰汁が強くなってる。
P1030585.JPG


苧麻織りで有名な産地では楮と同じ様に「芽掻き」をするそうです。
2年前、苧麻の糸作りのワークショップで矢谷さんが仰ってた。
「芽掻きしたり肥料入れたりするけど、見渡せば日本の田舎にはそこら中にあるのよね」と。
これは楮についても同じ事が言えるのではないか?とそのとき思った事でした。
少なくともここら辺は楮だらけですから。
ただし、7年間くらい山や河川敷で自生楮を採る事をしてて思った。
全ての地面には所有者がいて、憎い楮が居なくなったら、そこに田畑ができたり道ができて、毎年貰う事は不可能で、私は掃除屋なのか?と。
理由を話しても「金にならん」で一瞥されてしまう。
鉄柵も張らず、生き生きとした楮を自由に採取出来る環境はもうない。
苧麻も同じ運命なんだろうなあ。

今宵はこれを処理してみて、上手にできないかもしれんけど・・・。
今年の暦の軸の紐にしようと思ってる。
紙は紛れも無く植物の繊維で出来上がってます。
そのことを何時にも増してこの頃とても思う。

1本の苧麻から紙にもなれば、衣服にもなる。
刈り取った先の工程で枝分かれしていくのです。
食物繊維だけじゃないよ。
ダイエットだけじゃないよ。
では内職に戻ります。愉しいね。
posted by ハレハレ本舗 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月02日

山水

P1030567.JPG


光の具合が宜しく無くて、。。。
これは2等級の若山楮、塵あり、ヤケあり、甘皮残ってますので少し黒みかかってます。
昨日炊いてあった楮を灰汁抜きしました。
新しい工房は山から水を引いてます。
作ってもらった水槽はオーバーフローするように頼みました。
「こうこうこういう工程で、こうしたいから、ここをホレ」みたいな説明。
比較的若いタイル屋さんが「そっか、オーバーフローするんやなっ!」と淵に傾斜つけてくれて。。
高齢の左官屋棟梁が穴開けて。
最後に一番若い大工の棟梁が排水パイプを何気につけてくれた。
これを本日お初の「オーバーフロー」

私の今までの工房は井戸水でした。
井戸水というのはポンプアップで電気です。
調子こいて流しっぱなしにすれば呆気なく底尽きます。
何よりも気がかりなのは電気代!
そこが、ずっとしゃくにさわっていたわけです。
それに水換えは重労働だし。

お昼に煮上がった楮を水槽へ移して、トロトロと山水を出しっ放し。
つい頭の中は電気代!になるのが可笑しかった。
3時間位で、見事に晒し完了です。
流しっぱなしなので水はこの気温が上がってる今日でもキンキンに冷たい。
引き締まった楮に仕上がりました。

晒してる間に染めの染料は煮だせるし、漉く事もできるし。
ネットもまだ来てないので、仕事120%できる。

今までの仕事なんだったの?です(笑)

お昼に奥の林道散策。
長太大喜び、私興奮。
植生が面白いです。
漉き込む草花にことかかない。
定番のシダ群生地も見つけました。

何よりもこの10年一緒に楮をやってきた区長でもある元さんが夕方ふらっと立ち寄ってくれる。
「漉いてるのか〜」って。
色々話せるのが嬉しい。
まあ、心配してる、お前生活大丈夫かって。。。

直販所も立ち上がった北部。
ベースはできつつあると思う。
posted by ハレハレ本舗 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月26日

エール

P1030555.jpg


世の中、こと紙の事ではこんな馬鹿は私くらいなもんだろうって高をくくってた。
最近同じ人が俄に増えて来てる。
いやもう似た様な人が集まり始めてて、まずいんじゃないか?と思ってても増えてて。
有る一定のキャパ越えると馬鹿はカリスマになるのか?
そんなビジネスライクなことも考えられない純粋な人達。
ああ、嬉しいです。

家族、親類、祖先とかいうDNAの中に当然変異種あればこそ、残るべきものは残っていくんかなあ。
残さないとダメです!とか、そんなことダメでしょ!とか
口で言うのは簡単だけど、残す行動取る人が居なくなったら自然淘汰していくのは自然の常。
行動と言っても実際にやることは実に地味で、そこに喜びがなければ・・・はい、絶対無理です。
だから無理強いされてると突っ込みたくなるんですね、へそ曲がり。

残そうとかそんな大それたことじゃなくて、やってて自分が楽しい、そこに感動しちゃうから、つい前のめりになってる。
理解も同意も求めない。
父は「お前の生き方は理解するが同意できない」と言った。。
これ多分今生の永遠のテーマ(笑)
理解してくれただけでも有り難かったけど・・・同意ってなんだろうって、未だに良く判ってない。

せっかく作り続けた畑とかそういうことが「次」が居なくなって3年もしないうちに荒れ野になってしまっても、仕方ない。
自分が自分の体力あるうちはそこがパラダイスで良い。

人はいろんな物差しで今を生きてるんだなあと思う。

同じ様な岩手の女性の紙漉さんからエールの日本酒届きました!
速攻で冷蔵庫入れた(笑)
いやもう、一緒に入ってたもんもユニーク。

昨日、「次」を早速開始しましたよ、ホントにありがとう。
どんくさく、連絡もまめじゃない私ですが
「意識の海」という中で生かされてるのなら、間違いなく同じDNAを持つ人とは、どんなことがあろうと今生で出逢うのですね
家族、親類となんら変わりはないです。
大事な大事な人達がどんどん増える。それが生きてることかもしれんなあって思います。

これからお手紙書きます。
ああ、封筒漉かないとなあ!
くみこさんありがとう!
posted by ハレハレ本舗 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月22日

良い事あるさあ!

毎年、毎年、ほんとにもうゲップが出るくらい
楮にはじまり楮におわる生活。

FBや自分のブログを見てても、殆ど4月の今頃に今年の楮畑が始まりました!とある。
人工的なミニチュア植物をテラリウムに植え込む仕事は長かったけど、草抜きひとつやったことのない都会者。
高知へ来て畑にはまり、草刈りにハマって、何時の時期に何をするのか?を3年日記帳につけ始めた。
櫻が咲いたら種蒔き準備。
彼岸花が咲いたら秋蒔きの準備。
近所の人が干し大根吊るし始めたら、そろそろ楮。
そんな風にメモしないと季節の追っかけができなかった。

日記帳は6年続けてたが、いつの間にか身体に沁み込み始めたので辞めた。
田んぼを手習いしだしてからは日記をつけるどころじゃなくなった。。。


毎年楮が芽吹く前に草刈りしようとしても追いつかない。
枯れてる様に見える株は、南国のここらでは既に草の中になってる。
草を刈れば、ホントに赤ちゃんの小ちゃい手みたいな葉っぱを拡げて出揃ってるのを見て毎年感動してた。
刈り飛ばさないように慎重に。
畑で「栽培」するようになって17年目。
最近は感動のメーターもさほど上がらなくなって来た。
ある意味当たり前になってしまってる。
芽吹いて来る事が判ってるからだ。
最初の頃は「出てくれよ〜」と祈る様な気持ちだったのにね。

今年は寒い。
草の勢いも待っててくれてる。
今日から草刈り。
「ああ、まだ出てないですよ〜良かった!」と安心して刈り始める。。。
番頭は手鎌で丁寧に。
私は草刈り機で。

サクッと株を見ると。。
「おお〜い!出てるぞ!要注意だなあ、やっぱり!」と番頭を呼ぶ。


今朝は雨が降ってた。
小指の爪の半分程でまだ閉じている様は産まれたての赤ちゃんが小さい手を握って丸まってる様で。。
多分、いや絶対、この芽は今朝の雨を受けてさっきでたばかりだよ?!
長年やってるけど、こんなタイミングは初めて。
まるで芽吹く音まで聞こえてるかのよう。。。

帰りの車中。
「いや〜良かった良かった!良いもん見れました〜」と2人してはしゃいでる(笑)
まるで赤ちゃんが生まれる瞬間に立ち会ったかのような感動!
種を蒔いて作る作物と決定的に違うのが。。
「楮の気持ち次第で人ができることは、ほんの僅かである、じっと芽吹くのを待ち、してほしいという声を聞く」
自分達が作るのではなく、楮に育てられてるのは私達の方だ。

やっぱり畑は愉しい、良い事は畑にある!
posted by ハレハレ本舗 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月31日

藍染めの小判

P1030468.JPG


紙漉も落ち着かない合間を縫ってやってます。
3年振りに藍染めの小判。
小判は毎年暦の為に漉くので、なんだかんだで2千枚は漉いている。
A3サイズより少し大きめの耳付き。
若山楮を抱え始めた頃から、この小判で7枚綴りで手書きを始めた。
年々漉く時間がなくなってきてて、楮栽培に持ってかれてるこの頃。
お客様の「出来た時でええよ」という寛大な注文も後回しになってるここ数年。
新しい工房できましたからね!
もう本気で漉かないとまずいんですね!
私、楮農家ちゃいますねんね!
だけど、原料のことで10年近く学んだ事は大事で、それをしての紙漉きせんとね。

漉く時に少し多めに漉いて暦に使った後は「在庫してます」という・・いわゆる暦がサンプルとなる案配。
近くの山や川縁で採取した植物で漉くのは本当に淡い色。
布のように金属媒染すると、その金属が紙の中に残ります。
金属が経年劣化する御法度の紙。
布のように糸のように洗うということができない。
一発で染めて、しかも水の中で漉くので・・・。
塗れてるうちはかなり濃く染まってる様に見えて。。。
これも布や糸と違うのは・・・思いっきりお日様にて板干しするので(笑)

ここんとこ久し振りに漉いてる藍染めは、良く調べて買ってる藍液ですが。
漉いてる時は、深く沈殿して行く様な濃い色で。
漉き舟の中は紺碧の海みたいで。
これだけ蒼いんだけど、仕上がったら浅葱色に近いと思う。

ここんとこ「藍染め」ないんですか?のお客様が多くて(笑)
いや、ほんと、ちゃんとした藍染めやるなら藍を育てて自分で建てないとって思う。
色ってなんだろう?
良く染めるには実は雑味のない極上の「白皮」。
が。。。
この白皮加工の大変さを経て、それでも水質で変わる染め具合で。。。
こんなに手をかけて「白く」したのへ「色」を吸わせるときの・・・あれ〜!!みたいな(笑)
家は井戸水で硬水でアルカリが強くて、櫻染めもくすんだ色になるのです。
今度の工房の山水の水質調べないとな。
調べて、あれ〜っとなってもそれでやっていくしかないんだけど(笑)

弁柄染めで良く染まる(見本の布の半分以下になるのが紙なので引き算で)
濃くて発色が良い紙から売れて行く。


食べる事もなるべく足下って思うので、染料もなるべく身土不二なんだけど。
買ってる濃い色が受ける事を今日は考え考え漉いてた。
淡い色はだめなんだろうか?
自分の技術が足りないからなんだろうか?
ここらには、腐るほどの臭木があるのにねとか。
臭木の実で蒼出せるけど。。。とか。
布相手の染織家に聞いても紙への応用は限りなく薄い(笑)

売れる物を創ることと、自分のこだわりの境界線を今日は凄く感じながら漉いてました。
朝からかなりの垂直の雨。
マイナスイオンたっぷりだと思考は前向きに、しかも妙にハイテンションにはならず中庸的に。
夕方・・・。
ま、今日はここまで。

小判は慣れて来てるので、大きい紙に比べると「考え事」ができます。
染めの事、原料の事、工房の引越の事、これからのこと・・・。
一定のリズムキープが大事な紙漉きならではの思考とのやりとり。
雨だったからね、できたとも言える1日でした。
タグ:草木染め
posted by ハレハレ本舗 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月28日

心の薬

P1030464.jpg


新しい工房の完成検査も終りました。
まだ、やることが残ってるので移れません。

今年に入って全くと言って良い程漉いてない。
此処数日寒いとはいえ、もう冬は逝ってしまった。
流し漉きの日々は後僅か。
春の畑作業も始まるし、何よりも三椏や楮の蒸し剥ぎラストも残ってる。
どれもこれもが生仕事で、始めたら一気にやらないとボツになる。

ここんとこもうかなり、かなり悶々状態です。
漉き始めれば、アレができない、コレもできないとなってるから。
仕事に手を出せないでいるんですね。
これは相当に辛い事。

もう見切り発車でもなんでも良い。
漉き始めました。
我が家の工房の竃も最後の仕事で、楮を煮ています。
もう原型留めていない竃。
18年間ご苦労様でした。
羽釜自体は外に竃があった時代からだと23年です。
P1030465.jpg


三椏は新しい工房の方で待ってます。
P1030463.JPG

仕事しながらの引越ってどうやったらええのか、もう考えても判らない(笑)
なるようにしかならんです。


久し振りに漉き始めたら。。。
深い溜め息というか・・・。
ここんとこの諸々苛々緊張が溶けて行く。
私には紙を漉く事が一番の精神安定剤なんだと改めて想う。
紙仕事は何よりの心のお薬です。
1日も早く落ち着けます様に!
タグ:手漉き
posted by ハレハレ本舗 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月13日

ソフィー

P1030418.jpg
2001年の12月から3ヶ月家に紙の事勉強にベルギーから来たソフィー。
今日思わぬご縁で16年振りに再会しました。
5年前から知り合って、嬉しいお付き合いをしてくれてる土佐清水のアーティストの小高良作君が連れて来たのです。
彼の噂はだいぶ前から知ってたけど、出逢いはやはり若山楮に参加してくれてから。
そしてソフィーとはヨーロッパでの個展でやはりご縁が重なっての出逢いをしてて。
8年前に流暢な日本語を話すソフィーから私の事も聞いてた。
P1030420.jpg


そのソフィーが来たのです。
16年という時間を今日はとても嬉しく感じました。
まだ30そこそこのソフィーと40そこそこの私。
毎日宴会状態の中で静かに仕事するソフィーでした。
今思うと、あーすれば良かった、こーすれば良かったって思う事もあって再会するまでの数時間後悔もあってとても緊張したのです。
だけど、逢って今やってることを互いに話し、私は完成間近の工房を見てもらって。
「みーちゃん、良かったね、よかったね。とても嬉しいよ」と。
私もソフィーが野菜を作って生活してると写真集も見せてくれて、自然農法で美しい畑の姿や電気の無い暮らしをしてる風景の美しさに、「良かったね、良かったね!」と。
一瞬で溶けて、かつて一緒に生活してた頃に戻った。
多分話し込んだら何日も必要。
旅をして、日本が大好きで、でも日本の変な所も結構見抜いててソフィーはビジョンを探してたんだと
今になって思い至る。
野菜と果物があれば幸せな人だったと想い出し
今はそれを自ら育てて暮らしてる。

お互いに一番好きな事(決してらくじゃないよとソフィーは言う、そういうところも彼女らしさは変わってなかった。日本の人はなんでもっと問題点を言わないのかなあって言ってたなあ)
で生きてることへの「良かったね!良かったね!」なんだと思う。
いやもう、喧嘩もしたし、泣きながら互いの思いを言葉の壁もありながら鼻水、涙でやった16年前。
今日はそれでもこうやって再会できた。
次はソフィーの畑を本当にこの目で見たいと思うよ。
とても調和のとれた美しい畑。
小川が流れてて子鹿も来る畑。

16年の間に辛い事も一杯あったと思う。
私もあった(笑)
だけど今、今のこの時点で一番好きな暮らしができてることは言葉なんかでは尽くせなくて
この今の大事さをとても嬉しく分かち合えたって私は想う。
頑固でやりたいことがはっきりしてると物事との人との衝突もある。
それは辛い事なんだよ。
本人が望んでそうなるからじゃないから。
それでも、そういう流れに逆らうことなく、ようやく自分の足下ができたのかなあって思う。

そして良作君との不思議な不思議なご縁です。
出逢うべくして出逢うってこういうことなんだと思う。
自らも楮を育て紙を漉き染めの技法を使って作品を創る暮らし。
彼の仕事は日本より欧米の方が高く評価してる。
そんな人が高知の西のはじっこの山の中にいる。
ファーマーになったソフィーは2月3月くらいしか旅する時間がないというのに。。。
こんな端っこに。
まさかの良作君に連れられて「土佐入野」って駅は良作の家とどれくらい?と判らなかったらしく。
今日逢えて「ああ、そうなんだね!」

来年若山楮10周年なんです、開墾から言うとね。
私の中で大きな節目と思ってたら。。。
ほんとに、ほんとに大事なことが向こうからやってきます。

タグ:居候
posted by ハレハレ本舗 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月11日

塵も積もれば的作業終了。

P1030416.JPG


1年とひと月でやっと消化。
写真の薪の上の白っぽい大木は楮の御神木。
芽吹きが近くかなり膨らんでます。それ見て焦る気持ちで薪積み。

ここんとこの私の話は「薪!薪!薪!」でした。
今日は3・11。
薪ストーブを始めたのも震災の後だったと思う。
風呂も紙仕事も薪なのに、居候が多かった頃なんで薪ストーブしなかったんだろう?って思った。
男手沢山あったのにね(笑)
当時は石油ストーブとなんとホットカーペットだったし、パンは「電気」オーブンだったし。
きっかけは友人夫婦が滞在中に裏山の切りっぱなしの大量の雜木を「薪」にしてくれたのでできたのだ。
2年くらい持ったと思う。
が。。。なくなってからは一人で調達するのはやっぱり大変だった。
今回は実に多くの友人達のお助けがあってできたことです。
人生ここまでの量は生まれて初めて。
これ全部、今ラストスパートがかかってる高速工事で出る「産廃」でした。
一体この何十倍、いや何百倍出てるのだろう?と思う。
工房が建つ場所は田畑どころか、山も荒れて来てる。
「次の薪の心配はせんで良い。ここらの樹を伐った方が良い」と長老達は言うが。。。
確かにそうなんだけど、「手」がない。
そこら辺をどうにかしないとなあ。
震災でライフラインが止まることへの恐さと想像以上の問題。
家は井戸水だけど電気が止まったら水を汲み上げる事はできない。
今回工房を建ててもらう上で「火」と「水」のこと無理を承知で今時こんなことするの?をお願いした。
今日、現場では無事山からのホースが繋がっていた。まだ水は流していないが。
川向から実に頑丈に渡してもらってるホースを見て感慨深いものがあります。

P1030415.JPG

工房の外壁作業が始まり、思ってたより可愛い感じ。
ハード面を作って貰ってる間、自分達はソフト面である薪を積む、積む。

P1030417.JPG


最後は割ってないでかい丸太を撤収して積んだ。
ふらりと様子見にきた、げんさんが「積む技」を私と番頭にレクチャー。
これらは、やっと来た薪割り機の試運転用に。
どれだけ威力あるのか?8トンで縦型。
今の所近場では誰も持ってない。
皆25トンクラスの縦横兼用。
同じの持っても芸がないから(笑)シェアー考えて異色のにしました。
いい加減薪の話を終わりにした所ですが。。。薪割り機使ってみてが今年のラストになるかな。


こんだけあれば、何が来ても大丈夫。
大きな羽釜と平釜も竃に納まり、じき煙突が立ちます。
薪でご飯と味噌汁の炊き出し可能です。
あとは電気の問題はソーラーじゃなくて小水力発電を考えたいです。
この間のアスクルの火災事故の報道見ててソーラーパネルの問題やっぱりあるやんと思った。
枯れた事が無い川ならば水で発電の方が絶対良い。

集落活動センターの設備というか作業場なんだけど、何気に防災機能備えてますのよ!
作ってみせないと誰も本気にならないからなあ。

予定してた訳じゃないけど、今日という日に終って感無量。
薪暮らしを本気で考えたのが6年前の今日でしたから。
6年前は自分の事だけだったのが、こうやってもう一歩先へ進んだことが。。。
まるで狐につままれた感じです。
タグ:防災
posted by ハレハレ本舗 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月07日

自然光

P1030407.JPG


この家は南を向いてて、集落で一番高い所にある。
今朝は少し寒い。
そんな春近くの朝陽が私は好き。

昨年の11月から大物が続き、そのまま収穫作業に雪崩れたので加工部屋は「あかずの間」と化していた。
今年の仕事は自分から売り込む柱を2本しっかりやるという基本に戻る。
かなり前からお待たせしてる分もあと2つまでになった。
薪作業の山が地面が見える所まで来て、やっと加工部屋の大掃除。
これまた薪と同じで果てしない感じだったが、少しマシに。
「漉き場」は来月には引っ越すが、予定してた加工部屋は現時点で無くなったも同然なので、これから頭を悩ませることになっていく。

P1030408.JPG

紙を保管する棚は、これの他に2つと箪笥が2つ。
カットした切れ端も捨てられない性分。
これも、今回相当に処分した。
ゴミ袋へ入れる気にならず、薪ストーブで少しづつ燃やした。
切れっ端だが、見れば「あああのとき漉いた紙だ」と判る。
ど忘れ、ボケが相当進んでるこの頃なのに、紙は見て触ればこの24年の全てがちゃんと記憶されてるので
我ながら呆れる程です。
痴呆症になっても紙の事だけは忘れないんじゃないかと思う。

posted by ハレハレ本舗 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月05日

次へ行ける

明日雨予報の日曜日。
番頭を引っ張り出して薪の片付け。
たまたま、超お久しぶりの友人が(若山楮にとって最初の最初に助けてくれたお人)がふらりと先週来た。
風呂は薪でよ〜。って言うから。。。
あるある!とやったら今日来てくれました。
なんと片道1時間を3往復して運んでくれた。
おかげで、いつ終わるともしれない山がみるみる減った。

あげるよ〜と押し付けがましく頼んでた友達も取りに来てくれて。。。
思いのほか積むのも考えて上手にやる番頭にも感心したし。
トタンを被せたら案の定雨です。

明日降ってなかったら、最後の木っ端など片付けたら本当に終る!!
塵も積もれば的な作業の最後に3人が来てくれて・・・・。
今回どれだけの友人達に助けられたかと感無量。

これで、頭は次へ行く事ができます。
山を崩す様なやり方では田舎暮らしは無理よと以前言われた事がある。
都会もんは事務作業みたいにやるからなあって。
確かにそうだなあってやってきたけど・・・・。
季節の仕事だと後回しにすると翌年なんよね。
やっぱり仕事の山は崩すやり方しかなくて、塵も積もれば的な目眩することも多いけど。
地道にやるのは結構気持ちも良いもんだ。
願わくば次の薪は4トントラック2台が有り難いとは思う。

今日はブヨが凄かった。。
暖か過ぎだよ。参った。
タグ:
posted by ハレハレ本舗 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月02日

文旦

P1030401.JPG


今年は文旦が豊作みたいです。
つい先日コンテナに山盛り2つも、塩の社長から頂いた。
完璧に無農薬!
「売れるじゃん」というのに「欲しい人に配るからええっ!」と本当に配ってる。
豊かだなあ。。。。
美味しかったので、お得意様や友人に送ると大喜びでした。

自分の分に残しておいた最後のひとつを食べ終わった夕方・・・。
えらい久し振りの方がやってきた。
なんとこちらも文旦!
しかも今日スーパーで二の足踏んだブロッコリーも(笑)
長太がまだ来てない頃以来だったのに、ちゃんと鹿ジャーキーまで。
毎度長ったらしい私のブログを読んで下さってたのですね。
一人と一匹は小躍りです。
で、お返しもないしと積もる話してたら、風呂の焚き付けが減って来てなあ。。と家のストーブ見て言う。
おお!あるよ!あるよ!ということで、お返しができるじゃーないか。
そろそろラストスパートになってるのだが、積む場所が厳しくなってる。
あちこちに「上等じゃないけど要らないか?」と声かけ始めてます。
今日のお客さんが「じゃあ、チェーンソー持っていくか!」というから。。
もう40aに切って更に割ってあると答えると、しばらく目が点。

これ以上雨ざらしにして腐らせたく無い。
欲しい人順に片付けますよ〜。

今日は風が強くて少々寒さが戻ってますね。
薪ストーブガンガンで・・暑い(笑)
やっとこさ、下の加工部屋も片付けて、いよいよ紙漉再開です。
掃除すると人が来るというジンクスは当たってるなあ!
posted by ハレハレ本舗 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月01日

リニューアル満載

今日はショップのリニューアルにつき少量だけど紙の博物館へ納品に。
http://kamihaku.com/product
以前の大判の紙はスティール製の紙入れだったのが、木製の什器に変わってた。
これ、ええなあ、高いでしょ?「うん高いよお!」と。
店内は明るく、動線も綺麗にスッキリした感じ。
30年近くやってこられてのこのリニューアル。
それからしたら、今の自分はなんと有り難いことかとしみじみ思う新築である。

もうひとつ、高知県立美術館ミュージアムショップも変わるらしい。
次は美術関係の書籍がメインになるそうで、金光堂が手がけるらしい。
これはこれで、楽しみだな。
年度末。新しい動き。なんだかこちらまでソワソワしてくる。
今日から3月です。
は・や・い!!

夕方帰りに作業現場へ立ち寄ると、職人さんが沢山立ち働いてた。
いつもの左官屋3人トリオは棟梁ひとりで、竃を始めている。
夕方になると冷え込んで来た。。。
「はあ、今日は疲れたなあ」と棟梁。
トリオでやってる時は喋り倒してやってるから、一人で黙々は疲れるのだねえ。
私も、一人で薪積むのはもう飽きた。
なので週末に番頭を呼び出してしまう。

紙仕事は一人の方が良いが、蒸し剥ぎやへぐりという単調な仕事は、話相手が居た方が疲れない。
もっとも、私は聞き取れない人なので、手が止まってしまう。
それでも相手が居ると疲れ方は半減するもんだ。

「もう寒いし5時回ったからあがろうよ、父ちゃん」
長太が車のガラスに鼻面くっつけてるのを見つけて・・。
「お前も待ってるのがいるよ、早う帰りなさい」
どこまでも、父ちゃんなんだなあ。優しいんだなあ。

今週末まで現場に行けないのが寂しいが、仕事しないとねっ!!
posted by ハレハレ本舗 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月27日

倒壊

写真はないですね。帰って来てまでアレ見たく無い。
今朝はゆっくりめに現場へ。
「さあ、あと1日でなんとかするぞ!」と浮かれ気分の私を待ってたのは。。。
この2日かけて積み上げた2列の薪が倒壊!ドミノ倒し!!
いや。。予感はあったんだよね、実は。
今積んでる場所はカーブになってる。
一昨日辺から一番リーチが長い所。
うっすらイノシシの匂いもする。
他にも理由は満載。

道挟んでの作業場建築現場ではいよいよ職人さんが沢山入り始めてる。
恥ずかしいのと、情けないのとで、呆然。
ここんとこの疲れが一気に吹き出して、なかったはずの筋肉痛まで出始めた。

考えて、長い長い一列にするのを辞めて2つに分けて積んでみた。
2日かけてやったもんを半日でやれるほど今日はチカラが出ない。
三分の二完了した所で「明日また崩れてるんだろうか?」と思うと睡魔が襲って来て退散。
資金がないから薪小屋なんかとんでもない。
資金がないから資材もない。
鉄柵を外したおかげで、鉄筋だけはあったので、それと農業用黒ビニール紐だけ。
支えが一切無い所に、しかも地面は凸凹、直線取りたくてもカーブという所に積む気になった私が悪い。
せめてブロックと杭と足場に使う様な「真っ直ぐで同じ太さ」の支えが欲しいのよ。

3歩進んで4歩下がる本日。
漫画じゃないが、脳天に一撃で絵に描いた様な打ちひしがれ。
げんさんに「崩れたあああああ!」というと大笑いされたのがせめてもの救い。
次々ナーバスなこと考えると本当に身体はギブアップするもんなんだなあ。
長太もこの私の意気消沈が伝わったのか?
散歩でもゆっくり歩いて時々私を振り返るので「ごめんよ、今日はもうだめだあ!」と言うと
トボトボと歩いてくれた、、、ああ君が居てくれて良かった。

明日は棟上げ。
かっこよく積上ったのを皆にも見せたかったんだよなあ。
クヨクヨしてても始まらない。
薪で沸かした風呂にどっぷり入ってリセットせなあ。
タグ:
posted by ハレハレ本舗 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月26日

わる。

P1030387.jpg


12月の楮蒸しのために四万十町の「黒鳥」の斧を新調したら、嬉しくてあっちゅうまに全部割ってしまった
協議会のげんさん。
「薪割りを若い人に教えてもらう予定やに!まだ9時前じゃないかあ!1本も残ってないじゃないかあ!」
困ったような、おちゃらけた様な満面の笑み。

19日から始まった薪作業は途中の雨や都合で休みになったりだったが通算3日半で「玉切り」完了してもうた。
休憩長いし、毎日おいしいランチ食べに行ってたしで、真面目にやれば、えーすけが言う通り2日で終ったな。
だけど、色々話せる貴重な時間だったなあ。
さて、えーすけは田んぼもあるしで、終了。
その日に見に来た、げんさん。
割り始めてるので、すぐさま斧を持って割り始める。
どんだけ好きなんだろうと思う。
げんさん独特のやり方を見て、えーすけもそれに習う。
駅伝じゃないが、見事なバトンタッチで後半戦をげんさんがやっているのだ。
凄い早さである。
半日3時間程3日目の今日、もうほぼ割り終わってしまってる。

げんさんとも、普段はあまり話さないが休憩の時色々と話せるのも楽しみのひとつである。
奥では高速の工事でダンプがひっきりなしな中、超アナログなことをやってるので、みんな気になる。
今日は日曜日で工事が休み。
長太どんは朝からずっとフリー!!!
とても静かで山の中でげんさんが割ってる音が木霊してるんだろうなあ。。。
こういう音は聴こえたいって思うなあ。


昨日までは細いのを卓上丸鋸で伐って丸太で積んで行った。
P1030386.JPG


今日から割ったのを積む。
P1030388.JPG


割ったのを積むのはまるでパズルのピースを填めて行くようである。
時々離れて曲がってないか?傾いてないか?と確認しながら。
積み上げた薪の面がぴしっと揃ってるのは美しい。
雑な性格の私が、紙漉でも一つ一つの工程を丁寧にやれるようになったのは、実は薪作りに学ぶ事が多かった。
げんさんと、積上った薪にトタンをかけてしばし、2人で無言で眺める時間。
「こういうやり方もあるよ、やってみい」と今日教えてくれた。
明日練習!

海沿いの田んぼでは田起こし、水が入り、苗床が始まった。
山の中では薪作業が大詰めで、炭焼きもやってるらしい。
例年に比べるとかなり春が早そう。
まだまだ油断はできないけど(いつぞやは早く水を張った田んぼが凍った年もあったからねえ)
冬の終わりの山の中と春の足音の海沿いの生活の入り交じったこの季節。
人がワサワサと動き出す感じが一番する季節。
タグ:
posted by ハレハレ本舗 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月22日

雨で小休憩

P1030385.JPG


なんであれ、段取りが一番大事と今日も私らは知らない人が聞いたら呆れるくらい「段取り」ばっかり言って薪作業。
予報に反してなんとか夕方まで持ちこたえてくれた雨。
二人で一日の出来高がこの一列です。
若山楮は蒸しはぎでこの3倍は使うから、薪ストーブもとなるとどんだけ使うのか未知数。
既に7列目まで来てますが、まだまーだありますのよ、おほほ。

明日は雨予報。
2月だというのに雨が多い気がする。それも温くて春の雨みたい。
明後日から、いよいよ斧で割るのも同時進行です。
できれば、こっから1週間は乾燥注意報出るくらいになって欲しい所。
きっちり40aで、えーすけが伐ってくれるので、細かい端っこが結構出る。
それを風呂で焚いてみて、まあ、なんとかギリギリだが火力保ってる事確認。
我が家の温水器は冬はアウトなので薪で沸かすんだが、、、、。
楮のおがらのみでやって来たここ数年。
今年は有り余る程の薪!
数本突っ込んでその間に色々出来るのはやっぱり薪だから。
おがらの場合は紙みたいに(まあ紙の元ですからね)燃えるので付きっきり。
湧くまでにビール呑んじゃう(笑)
でね、どんなに疲れてても薪風呂入れば疲れも取れてリセットするのだ。


さあ、何列になるんだろうねえ。
積み方のレクチャーもしてもらって、やっぱり師匠と呼べる存在はありがたい。
24年もやってても、新しく知る事は嬉しい驚き。
片付けなきゃ・・と焦ってたのが延々やっても飽きないなあとなってきた。

posted by ハレハレ本舗 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月21日

南国は真冬が薪作業

P1020862.JPG


昨年の4月だったか5月だったか。
作業場建設予定地のすぐ先に大量の樹が山積みになってた。
少し手前にも以前から地元のグループが工事で伐採される廃棄処分の樹を盛大にもらって年中置いてる場所があったので、「ええなあ、羨ましいなあ」と指をくわえてた。
そのリーダー格のの人が通りかかったので「ええねえ、こんなに沢山の樹、年中薪探ししてるから羨ましい」と言うと。。。
「これ中嶋さんの分やで!ぜ〜んぶあんたのや!!」と。
紙漉も楮蒸しも風呂も薪だと言ってたので、地元の人が土建屋に「置いてけ」と言ってくれたらしい。
4トントラック3台分は軽くある。。目眩がした、ついで、これ私全部一人では無理と途方に暮れた。
欲しい!だけど「樹」では「薪」にはならないのだ。
友人達に応援を求めて助っ人かき集めた。
お持ち帰り自由という事で「玉切り」してほしいねん!である。
この際に私も今一度チェーンソー習い直しだしっ!

が・・・。
予定してた備品購入するはずの8トンの薪割り機は未だに来ないし。
5月6月の炎天下での薪作業程効率あがらないこと至極。
師匠のえーすけが「薪作業は真冬!」と言ったのは激しく納得。
雪国の人が聞いたら呆れるかもしれないが、南国では薪作業は真冬でないと無理。
そして昨年は夏から秋に掛けてずっと雨で更に放置。
野良仕事がメインの友人達は5月から11月までは身体が空かないし。
そんなこんなを経て、数日前からやっと残りをやり始めてます。
P1030382.jpg


P1030383.JPG


放置してたもんだから近くの高速道路作業の都合でブルトーザーで寄せられてしまったので。
泥だらけ、石まみれ。

協議会の男衆は「もう腐ってるな、ダメだな」と言う。
だけど、ここを綺麗に片付けないと「次」はない。
実は産廃に有料で持ち込まなければならない雜木がまだまだわんさか出るらしいと情報。
業者にしても無料で落として行ったら使う人がいることは有り難いのだ。

私のもはや親友と言ってもええよね〜(笑)
師匠のえーすけは、動じる事無く「大丈夫だよ〜」とにこやかに腐りかけてるやっかいなのを
まるでケーキ伐るみたいに伐って行く。
「泥と一緒に石があるとあかん」とも教えてくれたので紙漉体験で使うスクレーパーで泥落としをしながら。
短気な男には絶対出来ない所作。
おかげで私は安心して無理難題を。

山になってる中から卓上丸鋸「通称ジャーンで切れるリミットを軽トラに積んで家まで持って来て伐って
また積んで薪置き場へ積むという非効率的なことも嫌な顔せずやってくれる。
積む場所を急遽こしらえた所は手が入ってない檜の山の下。
風通しが悪いという事で本日枝や死に体の樹伐採してくれた。
P1030384.jpg

やっぱり男やなあ!
有り難いなあ!
よう判ってない私の無理難題をどんどん消化してくれる。
薪作業は長年やってきたけど、いきなり4トントラック3台分という人生お初な状況なんで段取りや思惑が
上手く作動しなかった。
私は自分ができる段取りを頑張る、とにかく頑張る。
日が長くなって今日の仕事終えて、長太を遊ばせながら、しばらく立ち去りがたかった。
こと薪作業の充実感はうまく表現出来ない。
段取りと1人なら2人ならの作業のリズム感と一日やった達成感が目に見えるということ。
「美しく薪を作る」ということと、それで暖を取れて美味しいもの作れて、火に集まって来る人の想い。
私は紙を漉いてるけど、この火への想いなくしては続けてないと思う。
そして短気を起こさず、女だからとバカにせず教えてくれながらやってくれる友達の有り難さ!
えーすけ居なかったら作業場を助成金で建ててもらっても維持出来ないと本気で想うよ。
ハード面とソフト面。両方なかったら完成しない。コレ凄く大事。
声高には叫ばないけど、コレなくしては今の中山間とかそういうの解決しないんじゃないかな。
人なんだと想う。
そういう人との繋がり・・・言葉にしちゃうとあっさいけど。
そこをどれだけ埋めて行けるかは・・作業が終って夕暮れをぼけーっと一緒できるとか、そういうことじゃない?

いよいよ作業場前に突き出してる楮の大木の「御神木」伐る日が近い・・・。
大木過ぎて道路に跨がってるし、放置してたら崩れるし。
大丈夫、きちんと楮蒸しでお焚き上げして彼の株から出るであろう今年の若枝は紙になる。

今日薪作業してたら作業場の竃を作ってくれる左官屋さんがやってきた。
「あの人は何処の人や?」と
こんなお金もでない事をやってくれる人が居る事に驚いてるみたいで。
「友達よ友達」と言うと「ふ〜む。。。で竃だけどよ」といつものようにおんちゃんの考えとこの後の段取りをしばし話した。
おんちゃんは「結局赤字かなあ、今回も。だけどよ使うのはあんただからよ、あんたの良い様にワシは作りたい」
煙突部分の大幅な修正をやることになったけど、おんちゃん至極満気に。
「赤字の部分は私建ったら儲けておんちゃんに還元するから!」と全くもって根拠の無い事放言。

有り難いです。
ほんとに有り難いです。

で、まだ建前もしてないのに・・・
若山楮に関わってくれてるみんなが「宴会せんとね!と盛り上がってるらしいです。
いやその、餅投げぐらいはしないとまずいんじゃないの?と言えば・・。
「まあそれはそうだけど、まずは・・・宴会じゃろ」だそうで。
ああ・・・。
若山楮はとにかく理由あれば宴会路線が定着しちゃったみたいで。。。誰の御陰か。。
派手になりそうですよ。
posted by ハレハレ本舗 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記